学校活動

   ホーム  >  学校活動 [ 中学部 ]
 中学部

中学部の教育目標

 

 学校生活に目標をもち、何事にも前向きに真摯に取り組む姿勢を育む。に、

 2

 コミュニケーション能力及び読み書きの力を伸ばし、確かな学力を身に付けさせる。

 3

 社会性(規律とマナー・奉仕精神・協調性)の育成に努め、自主・自律の精神を養う。

 4

 幅広い視野に立ち、柔軟な思考で自ら考え判断できる力を育成する。

 5

 障がいを含めて自己を肯定的に認識し、自信と誇りをもって主体的に生きる力を培う。

 

~ 授 業 ~    

  中学校に準じた教科学習を行っています。また、それに加え、将来の社会自立に向けて、生きる力の育成ねらいとした自立活動にも取り組んでいます。    

    授業では、口話・手話・指文字を併用してコミュニケーションを行い、通じ合える環境づくりに努めるとともに文字カード・映像・写真・実物等の視覚教材を多用した、分かる授業づくりに努めています。

 

                       

~ 行 事 ~

  

   学校全体での行事や学部独自の行事、地域の中学校との連携行事、他の聴覚特別支援学校との連携事などに、常に全力で取り組んでいます。

                 

      

      

      

 

 

~ 交流及び共同学習 ~ 

   6月8日(木)の午後、本校にて久留米信愛女学院中学校の2年生との交流会を行いました。

   初めに、本校生徒が「聞こえ(聴覚障がい)」・「聴覚特別支援学校」・「聴覚障がい者の生活」についてプレゼンテーションを行いました。楽しい雰囲気の中で、自分たちのことを深く理解してもらえるよう、クイズや劇等も交えながら、工夫して取り組みました。

   次に、「久ろうクエスト」と題した校内オリエンテーリングを行いました。校内各所を回りながら、「世界にひとつだけの花」の歌詞を手話で覚えていく活動を通して手話に親しんでもらうとともに、「聴力検査室」など、本校ならではの施設の紹介を行いました。

   1時間程度の短い時間ではありましたが、互いにすぐに打ち解け、楽しく過ごすことができたようで、終了後は、別れを惜しむ姿があちらこちらで見られました。

 

                            

 ホーム