学校紹介

   ホーム  >  学校紹介 [ 校長あいさつ ]
  •             学校長あいさつ

     

    本校のホームページを閲覧いただき、ありがとうございます。

    本校は、昭和23年4月に福岡県立久留米聾学校として開校、平成22年4月に福岡県立久留米聴覚特別支援学校へ改名し、今年、創立74年を迎える「聴覚障がい教育」を専門とした特別支援学校です。今年度は、幼稚部14名、小学部20名、中学部15名の子どもたちが、毎日、元気よく登校しています。本校職員は、聞こえない・聞こえにくい子どもたちにとって同じ聞こえない・聞こえにくい仲間が集う学校でこそ心身ともに健やかに成長するという思いを共有し、子どもたち一人一人が、挑戦する意欲や規範意識、自己肯定感、社会性、学力・体力を有する聴覚障がいの子供(パワフルキッズ)に成長することを目指し教育活動に励んでいます。そのために教職員自らが子供に対する深い愛情と主体性、向上心を持って教育力向上のための努力を続けています。

    久留米聴覚特別支援学校を一言で表現すると、豊かな言葉があふれた「ことばの森」と言えます。学校中には、手話や指文字、話し言葉や書き言葉などが満ちあふれており、コミュニケーションや表現を大切にする学校です。聴覚に障がいがある人や言葉を大切にする人にとって安心できる場所であり、情報の中心でもあります。子どもたちはこのような環境で、同じ障がいのある仲間同士、そして教師との関わりの中で育っていきます。

    さて、現在、社会は「障がいの有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会(共生社会)」の実現に向かって大きく動いています。本校では、自らの積極的な行動が周りを変えていく経験や言葉を大切にする学習を通じて得られる学力により、自信と誇りを持ってもらいたいと考えています。さらに年齢とともに自ら考え判断し、自らの意志で課題に取り組む実行力を持ち、共生社会の実現に寄与することができる立派な大人へと成長してもらいたいと思っています。そして、今いる子どもたちの中から、自らの力で周囲の環境や社会の仕組みさえ変えることができる人物が出てくることを強く願っています。

    今年度、子どもたちは“AIM HIGH”というスローガンのもと、一人一人が自らの可能性を高める目標を掲げています。子供たちの元来持っている優しい気持ちを失わせることなく、日々、成長していく子供たちの頑張り対して最大限の支援をして参ります。保護者の皆様、同窓会の皆様、地域の皆様並びに関係機関等皆様、本校教育活動の一層のご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

     

                                                              福岡県立久留米聴覚特別支援学校 校長 池添 昌和



 ホーム
福岡県立久留米聴覚特別支援学校〒839-0852福岡県久留米市高良内町2935
Tel:0942-44-2304 Fax:0942-45-0139
福岡県立久留米聴覚特別支援学校
〒839-0852福岡県久留米市高良内町2935
Tel:0942-44-2304  Fax:0942-45-0139
Copyright(C)2017 Kurume-hss 久留米聴覚特別支援学校 . All rights reserved